第39回台東区第九演奏会"下町で第九"に出演致します。




12月も終盤に差し掛かってきましたね。



最近は凍えるように寒かったり、12月とは思えないほどのポカポカ陽気だったりでなかなか着るものに困っています。。。




さて、本日もリハーサルに芸大に行ってまいりました〜。



上野公園のイチョウは見事に黄色に染まっていました!




毎年恒例の"下町で第九"。



台東区民合唱団の皆様と芸大フィルハーモニア管弦楽団のコラボです♪





以下詳細です。



開催日

令和元年12月15日(日)

午後2時開場 午後3時開演

開催場所

東京藝術大学奏楽堂(音楽学部構内)

指揮

迫 昭嘉

ソリスト

ソプラノ 松岡 多恵

アルト  朝倉 麻里亜

テナー  西山 詩苑

バス   高橋 宏典

オーケストラ

藝大フィルハーモニア管弦楽団

チケット

10月23日(水)発売予定

料金 3,000円

入場受付時に座席を決定いたします。

詳しくは台東区ホームページをご覧ください。


主催

台東第九公演実行委員会(台東区、台東区民合唱団、東京藝術大学)




こちらの公演、今年も大好評でチケットは完売となっております。




台東区民合唱団の皆様の歌声はリハーサルからとてもパワフルで素晴らしかったです。



明日もいい演奏会になりますように♪



*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy


東京芸術大学現役講師による完全個別指導


お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 ContactReservations - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://neforeblog.jugem.jp/



鉛筆ハント




お仕事に使っている鉛筆がそろそろボロボロになってきたので新しいものをと、用事ついでに銀座の伊東屋さんへ。



皆さんご存知、文具の聖地!



本館に入って、"鉛筆はどこにありますか?"とお伺いすると


"別館の4階にございます"


とのこと。



本館も7階建てで大きいのに、別館???



これは、、、



ワクワクが止まらない!!!




そして、こちらの別館。


じゃじゃーーーん。






エレベーターで4階を目指す。



エレベーターに乗り合わせた紳士、6階をポチリ。




ん?6階???


 


地球儀コーナー。。。





どんな素敵な紳士なのかとお顔をチラ見したかったけど勇気が出ませんでした笑笑。






さてさて、お目当の4階へ。



WAOOOOOO!!!



すごいインパクト。



エレベーターを降りた途端に現れる、圧巻のディスプレイ。




そして、鉛筆は




こーーーーーーんなにたくさん!!







鉛筆はこのこたちにしました。










そして、もう一つのお目当、消しゴム!!




消しゴムもバイオリニストの必須アイテムです。



中でもこの、ファーバーカステル社製のキャップ型の消しゴム。



今のところ伊東屋さんでしか見つけられていないので、銀座に立ち寄る度にストックを購入します。




仕事中、周りを見渡すとほぼみんなこれを使っています。


鉛筆をくるっと回せば消しゴムになって、何かと書き込みの多いオーケストラの現場では大活躍なんです。





前回鉛筆についてお話ししますと宣言したので、そろそろお話を始めたいと思います。




皆さん、お教室の先生やオーケストラのトレーナーさんから"必ず鉛筆を持ってきてください"と言われているはずです。





何故、鉛筆なの??




シャープぺンでも同じ機能なのに???







何故かと言いますと、、、、、









楽譜を傷つけないため(個人的観測)です。






わたし自身これまでお仕事やレッスンでたくさんの書き込みをしてきました。






先生や先輩の言うことを無視してシャープペンで書き込みをしたことが何度かありました。





そこで気づきました。





シャープペンで書き込むと、紙がえぐれてしまう、もしくは書いて消したとき、溝になってしまっている。






これは大変です。






オーケストラで使っている楽譜はほとんどはレンタル譜です。





レンタル譜って、いろんな国の言葉でいろんな書き込みがあって面白いんですよね(^O^)





曲の一番最後の小説の横にビールの絵が描いてあった時は思わず笑ってしまいました笑笑。




気持ちは、わかる笑。





さてさて、そんな"みんなで使う"レンタル譜。





書き込みも考えないと後に使う人が困ります。






レンタル譜はたくさん書き込まれ、消され、折られます(譜めくりのため)





ボロッボロのレンタル譜に当たると、消しゴムをかられすぎて音符が削れて消えている、書き込みが強力すぎて消えない、消していたら破れた。





そんなことがたくさんありました。





そんな中、楽譜を大切に扱うには"適度な濃さの鉛筆で優しく書く"ことです 

(Bより濃いものがオススメです。HBは芯が硬いのでお勧めしません。よく言われている4Bも濃すぎて消した時に残ってしまうので個人的にはお勧めしません)





*バイオリンの上達法シリーズ*

なかなかバイオリンがうまく弾けない、上達しない、何かヒントが欲しいという方へ。

 

 

 

 

皆さん、好きなゲームはありますか??

 

 

 

私は、電車の移動時間や仕事で煮詰まってしまった時などに携帯ゲームをやったりしています。

 

 

 

 

中でも、ディズニーツムツムが好きです(^O^)

 

 

いわゆる、"落ちゲー"というやつですね。

 

 

落ちてくるものを3つ以上繋げて消してスコアを競うというものです。

 


 

私はシンデレラちゃんで高得点を出したくて、時たまyoutubeで攻略法を探したりネット記事を読んだりしています。

 

 

しかし、なかなかうまくいかず、、、、

 

 

私がゲームをやっている間考えてることは、楽器を演奏しているときに考えることに一部似ていることに気がつきました。

 

 

楽器を演奏していてよくある失敗なのですが、イメージが先行して体を実際どういう風に動かすと理想の音が出るか、という事を見落としている、という失敗です。

 

 

 

ゲームをやっている間に気づいた理由は、指が痛かったからです笑笑。

もう指紋無くなってるんじゃないかと思ってしまいました汗。

 

 

 

 

しかし、よく考えてみると、ツムを繋げて消すということに対して、力って必要なのか?

 

 

 

 

答えはNO。

 

 

 

 

だって繋げるだけだもの。

 

 

 

しかし、意外とこの"だけ"って難しかったりするんですよねぇ。。

 

 

 

なぜ力が入るかと言うと、

 

 

‘虻遒鬚垢觝櫃房然にかかる摩擦、重力。これはごく自然なことなのでOKとします。

 

▲張爐消える時の画面のインパクトにつられて力が入る(視覚的要素に体が反応している)。

 


 

 

私は△陵彖任操作性をとっても邪魔しているように思いました。

 

だって!見てこのインパクト!

 

 

 

 

 

 

う〜〜〜ん、ファンタスティック!!!

 


 

 

以上のことを念頭に入れてもう一度やってみると、うん、なかなかいい!!

 


 

さてここでこれを楽器演奏に置き換えてみましょうか。

 

 

 

 

バイオリンを弾く際に綺麗な音が出ない、特に初めて弾いた時のバイオリンの優雅な音と実際に出る音とのギャップにびっくりした方は多いと思います。

 

 

 

ギギーーーーーッ!!

 

 

 

え、しずかゃん???

 

 

 

大丈夫、安心してください。誰でも最初はしずかちゃんです。

私ももちろんそうです。

 

 

これってなんで起こるかって、バイオリンは弦を"一生懸命擦って"音を出している様に視覚的またはイメージ的には捉えている方がほとんどだからです。

 

 

 

 

 

 

実際の動作は、弦の上に弓を"当てて"、"移動させる"、この二つです。

 

 

シンプルでしょ?

 

(もちろん腕の重さに対して弓を動かす速さが遅すぎるとギギーーーという潰れたなり、速すぎるとシャーーッというかすれた音になりますが)

 

 

この、"弦の上に弓を当てる"と"移動させる"のたった二つだけを実践してください。

 

 

ということを指示しても、人はそう簡単に出来ません。

 

 

 

過去の生徒さんも、そしてもちろん私もそうでした。

 

 

 

なぜなら、分かってはいるけどどうしてもイメージが先行する、という事があるからです。

(´-`).。oO人間の脳って難しい、、、

 

 

 

 

 

 

私も先生にたくさん言われたなぁ、、、

 

 

 

 

 

"騙されたと思ってやってみて!"

"私を信じて!嘘じゃないから"

 

 

 

 

 

 

 

この魔法のワードを生徒さんに囁く私、、、

(怪しいワードですね、、、)

 

 

すると、

 

 

よし、では騙されてみよう、となってもらえて、

 

 

 

数分後、あら不思議。

魔法にかかった様に綺麗な音が出るではないか。。。

 


 

こんな事がたくさんありました。

 


 

話はだいぶ逸れてしまいましたが、ゲームを攻略できる人=原因や敗因を探り、どうにかして成功させるという思考がある人

 

 

 

だと思っています。

 

 


先程ブログにて小田原室内管弦楽団のクリスマスコンサートのお知らせをさせて頂きましたが、

 

小田原室内管弦楽団の代表でありバイオリニストの舟山奏(ふなやまさんが、まちの情報誌ポストさんのインタビューを受けたとのことです!

 

すごーーーい!!

 

 

内容はこの度の小田原室内管弦楽団の公演について、小田原室内管弦楽団たちあげへの思いなどを語られています。

 

 

皆さんもぜひご覧になってくださいね(^O^)!!

 

 

 

街の情報誌ポスト

 

http://www.post-ad.co.jp/post/archives/category/area/odawara

 

 

 

 

 

 

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://blog.nefore-musicacademy-violin.tokyo/ 

小田原室内管弦楽団クリスマスコンサート2019に出演致します。

2019.12.03 Tuesday 17:18

 

 

ハロウィーンが終わると、街は一気にクリスマス一色になっていきますね。

 

色々なクリスマスグッズが並べられていてワクワクしてしまいます。

 

 

 

 

目下の課題は息子へのクリスマスプレゼント。

 

 

私達両親からはもちろん、サンタさんへ何をお願いしようか。。。。

 

(息子はまだうまく話せないため私達がお願いするものを考えています)

 

 

 

 

 

さて、今回も演奏会のお知らせを掲載させていただきます。

 

 

私の同級生のバイオリニスト舟山奏(ふなやま・かなで)氏が立ち上げたプロの管弦楽団、その名も

 

”小田原室内管弦楽団”のクリスマスコンサートのお知らせです。

 

 

以下詳細となっております。

 

↓↓↓

 

 


 

 

 

小田原室内管弦楽団 Christmas Concert 2019

 

2019年12月21(土)

 

会場13:30

開演14:00

場所 小田原市民会館小ホール

 

演目

 

W.A.モーツァルト ディヴェルティメントニ長調 K.136

O.レスピーギ 古典舞踏とアリア

W.A.モーツァルト アヴェ・ヴェルム・コルプス

E.フンパーディンク 魔女の踊り(ヘンゼルとグレーテルより)

P.I.チャイコフスキー くるみ割り人形(お話付き)

 

 

出演

小田原室内管弦楽団

バイオリン/ 舟山 奏・古賀 智子・福井 彩花・新井 貴盛

ヴィオラ/阿部 哲・藤原 歌花

チェロ/印田 陽介・白井 彩

コントラバス/布施 砂丘彦

 

ゲスト出演

歌・お話/菊池 貴子

 

チケット取り扱い

ハルネ小田原街かど案内所(窓口販売のみ)0465-23-1150

小田原市民会館(窓口販売のみ)0465-22-7146

月・祝翌日休 09:00-20:00

大村楽器 リベルテ 0465-22-7134

 

後援

小田原音楽連盟

東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校響親会

 

 

お問い合わせ

080-6706-6067

odawarakangengakudan@gmail.com

 

 


 チラシ裏面↓↓↓

 

 


 

 

 

 

 

来週からいよいよ第一回目のリハーサルが始まる予定です。

 

 

 

クリスマスの定番、くるみ割り人形はロシアの作曲家・チャイコフスキーによって作曲された

言わずとも知れた名曲中の名曲。

 

 

くるみ割りの中で個人的に一番好きなのは、金平糖かなあ。。

 

 

あのミステリアスなメロディーとチェレスタの不思議な音色。。。

 

 

チャイコフスキーは蚤の市でチェレスタを発見して、

 

この楽器を使ってどんな曲を書こう、、とワクワクしながら大切に持って帰ったんだそうな

 

(少年のよう笑)。

 

 

それで出来たのがあの怪しくも可愛らしいメロディー。

 

はあ〜〜もう、天才だなあと思わざるを得ません。

 

 

 

チャイコフスキーのくるみ割り人形は、

 

特に有名なメロディーばかりですのでクラシック初心者でも楽しめること間違いなしです!

 

 

 

 

そしてなんと、今回!!

 

じゃじゃ〜〜〜〜ん

お話付きでございます!!

 

 

 

曲は有名だけど、ストーリーを知らないってよくありますよね。

 

それはなぜかって、やっぱり曲が素晴らしいからなんですが♪

 

 

この機会に素晴らしいチャイコフスキーの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

たくさんのお客様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

♪プチお知らせ♪

 

我らが小田原室内管弦楽団にFacebookページが出来ました!

 

 

お気軽に友達リクエストをしてくださいね♪

↓↓↓

https://www.facebook.com/profile.php?id=100044055469346

 

 

 

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://neforeblog.jugem.jp/

文具マニア



皆さんこんにちは。

 

 

 

本日の更新は自己紹介も兼ねての独り言ブログです。

 

どうしてもHP文章だけだと堅苦しくなってしまいますし。

 

 

 

タイトルにもございますように、私文房具が大好きなんです。

 

一時期は雑誌まで購入していたくらい。

 

 

 

そして、こまごまとした作業も好きなのですなわち製本も大好きです笑。

 

 

 

音楽をやっていると必ず出くわす、製本作業。

 

 

 

本日もこちらを製本。

 

 

 

 

久々にお仕事で使用するため、書き込み用に制作しました。

 

 


 

 

 

音楽家たちは、自分のめくりやすいように一部観音開きにしたり、

 

レッスンで注意されたこと等を日付ごとに管理するため

 

色つきボールペンで書き込むために新しい楽譜を作ったりします。

 

 

 

 

そんな私のお気に入りグッズ達

 


 

 

 

かわいいでしょ♡

 

並んでるだけで満足。ウキウキしちゃいます。

 

 

STABILOのマーカーは色も優しくてとっても使いやすいです。

 

楽譜への書き込み(くれぐれも原譜にはご使用にならないでください)にも大活躍してくれています。

 

 

 

この便利な半透明の付箋は、スケジュール管理に使っています。

 

原譜に書き込む時や質問事項をメモして貼り付けておくのもおすすめです!

 

 

 

 

 

そして製本グッズの大本命、トンボ社ピットアロマスティックのり

 

 

何が最高かって、、、

 

 

超いい香り!

 

スティックのりの匂いってなんか苦手だったんです。

 

このピットアロマは優しい柔軟剤のような香り。

 

好き嫌いはあるかもしれませんが、個人的には大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆次回は、文房具つながりで楽譜と鉛筆について書こうと思います。

 

(この記事を書いていて思い出したので)

 

 

 

レッスンでよく<鉛筆を持参してください>って言われますよね。

 

 

なぜ鉛筆なのでしょう??シャープペンじゃ何故だめなの??

 

昔から言われてるから若い私達にも受け継がれてるの??

 

 

 

いいえ、違うんです。そこにはきちんとした理由があるんです

 

 

 

次回お話していきたいと思います。

 

 

それではまた!

 

 

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://neforeblog.jugem.jp/

東京女子大学第65回クリスマスコンサートに出演致します。


2019.11.25 Monday 14:06

 

 

11月も終盤に差し掛かってきましたね。

 

最近の私は続いていたハードな公演が終わりほっと一息ついているところです。

 

お教室のホームページもリリースされ、準備段階のときよりもグツグツ煮詰まっている感じでなくなったので日々が大分穏やかになりました。

 

 

 

さて、この先の12月は楽しい公演が盛り沢山なので少しずつブログに書き留めていきます。

 

 

 

 

まずはこれ!

↓↓↓



 

画像をクリックするとPDFが表示されます (300KB)

2019年12月7日(土)16:00開演(15:30開場) ※申込要

一般券は完売いたしました。

アクセス:西荻窪北口より徒歩12分

西荻窪駅北口(1番のりば)より吉祥寺駅北口行きバスで「東京女子大前」下車

吉祥寺駅北口(3番のりば)より西荻窪駅行きバスで「東京女子大前」下車

[→交通アクセス] [→キャンパスマップ]

 

 

 

 

 

 

 

入場料 全席指定 一般2,500円 学生無料

注意事項 お車でのご来場はご遠慮ください 未就学児童のご入場はできません

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もいよいよそんな季節ですね。。。ワクワクのクリスマスシーズン。

 

クリスマスと言ったらやっぱりメサイア。

 

私が初めてメサイアを演奏したのは藝大を卒業して2年目のクリスマスシーズンでした。。

藝大フィルハーモニア管弦楽団に入って初めての冬。

 

私はミッション系の女子中学校に通っていたので、唯一ハレルヤ・コーラスだけは知っていた。

総演奏時間なんと約2時間半(各部60分、60分、30分)に渡るこの大曲に初めて挑んだ時は譜読みが大変で泣きそうでした笑。

(譜読みが大変で泣きそう、って私結構しょっちゅう言ってますね笑)

 

しかし!その曲の素晴らしいこと。

どのメロディーも美しく、弾いていてとっても心が洗われます。

 

 

このメサイア、版がいくつかあり、東京女子大ではいつもプラウト版と言う版を使っています。

こちらのプラウト版という版は、20世紀前半に盛んに演奏されていたE・プラウトによるフルオーケストラ伴奏で、

フルート、クラリネット、ホルン、トロンボーンが大編成の合唱にふさわしい厚みと彩りを加えてる他、各楽器のパートにも手が加えられているそう。

 

 

残念ながら今回の一般券は完売してしまったとのことです。

 

 

いよいよ今週からリハーサルが始まります♫

こちらの東京女子大のチャペルは2018年の9月18日放送の<マツコの知らない世界>で、

マツコの知らないステンドグラスとしてチャペルのステンドグラスが紹介され大変反響を呼びました

 

今回の公演は講堂で行いますので残念ながらステンドグラスを見ることはできませんが、

東京女子大は年間を通してチャペルでコンサートをしています。

私もカペラ・コレギウム・ヴェリタスのメンバーとして時折出演させて頂いております。

 

学生さんのクワイヤーの歌声は本当に天使のようで、

油断してると涙が出てきてしまうので一生懸命違うことを考える、ということもしばしば笑。。

 

チケットを手に入れたラッキーな皆さま、今年も一緒にメサイアを堪能致しましょう♪

 

 

 

 

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://neforeblog.jugem.jp/


芸大フィルハーモニア管弦楽団第385回定期終了致しました

秋の一大イベント、定期演奏会。

 

先日の話になりますが、私が東京芸術大学で講師として務めている芸大フィルハーモニア管弦楽団の後期の定期演奏会が大盛況のうち無事終了致しました!

 

たくさんのお客様のご来場ありがとうございました。

 

マーラーの5番のシンフォニーは私個人、初でございます(1番だけ3回もやったという謎、しかしあるある)。

譜読みがとってもとっても大変で、教室の準備と子育ての合間に半ベソかきながら頑張りました笑笑。

 

その甲斐あってか、本番はとーーっても楽しく演奏することが出来て終わった後もしばらく嬉しかったです❤

 

今回指揮をなさった高関先生の取材でカメラが入ってました。

指揮者のお仕事とは??というテーマで取材されていたみたいです。

 

前回の、こちらの合唱定期↓

 

この頃からカメラでずっと高関先生を追っていました。長きにわたり、お疲れ様です。

 

後日2019年12月20(金) NHK Eテレにて21:00〜21:29の枠で放送されるそうです(^O^)

(再放送は2019年12月26日10:25〜10:54)

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://neforeblog.jugem.jp/

 

1